停電の要因には大きく分けると 3つの種類があります。

こんにちは!

停電はいつ起きるのか予想もできませんが、そもそも停電には大きく分けると

3つの種類があります。

 

まずは災害によって引き起こされる停電です。

土砂崩れ水害はもちろん、倒木などで送電線が切断されてしまった場合や

発電所変電所の設備そのものが故障してしまうと停電になります。

大規模災害時における停電はなかなか防ぐことが難しいです。

次に、事故による停電です。

工事中の重機や大型トラックなどが送電線接触するなどして電線が切断されて

しまうことで引き起こされる大規模な停電です。

 

そして系統崩壊によって引き起こされる停電です。

基本的に現在は一つの発電所でトラブルが起きても違うルートから電力を供給

できるようになっていますが、送電網が十分にバックアップとしての機能を果たせ

なかったり、その送電網が遮断されてしまうと停電が発生します。

このようなトラブルの連鎖によって系統崩壊が起きてしまうと大規模な停電が

発生します。

このような停電が起きてしまうと信号が使えなくなりますし、なにより生活の中で

電力を使っているものがとても多いだけにそれぞれの職場や家庭においても

パニック状態に陥ってしまうかもしれません。

停電を事前に予測するというのはほぼ不可能に近いですのでできることは万が一

停電してしまった時にすぐに電力を一定量確保するということです。

もちろん十分なだけの電力を確保しつつ、数日間普通の業務や生活が送れるほど

ではなくても、一定量の電力を確保できているかどうかというのは極めて大きな

安心感に繋がります。