近年増加している自然災害は、もはや異常気象ではなく通常気象⁉

こんにちは!そして、こんばんは
残念ながら毎年、様々な自然災害が増えてきています。
異常気象と言われていますが、もはやあまりにも頻繁に災害が発生するので通常気象と
なっています。

特に梅雨の時期から秋の台風シーズンまでは、特にどこで自然災害が発生しても
おかしくない状態になっています。
台風も年々大型化しており、いくつも発生します。
さらに台風シーズンにだけ警戒していれば良いのかといえばそうではなく、地震の発生
にも警戒しなければなりません。

2019年に発生した台風も非常に大きく、2022年には九州を超大型の台風が襲いました。
千葉県ではゴルフ練習場のポールが倒れてしまい隣接する民家を直撃しまいた。
各地で樹木が倒れて、建物や電線や信号機も損壊しています。
そのような被害は、実はそれだけではなく大規模な停電を引き起こします。

大規模な停電、断水が発生し、電力が復旧するまでには長い時間がかかりました。
さらに大雨による被害によって河川の氾濫が各地で発生し、住宅の床下浸水、床上浸水が
発生しています。
このようにたくさんの自然災害の発生に警戒し、万が一に備えておく必要があるのです。

災害は突如として発生して、日常を奪い去っていきます。
だからこそ、企業における経営者や管理者は従業員の身の安全をしっかりと
守ることはもちろん、企業そのものを守る必要があります。
パソコンやスマートフォンは最低限使用できる環境を作っておくのが重要です。

パソコンやスマートフォンは、小型のモバイルバッテリーがあるだけでも使用できますが、
もっと蓄電容量の大きな蓄電池を準備しておくとより安心感は大きくなります。

お問合せ・資料請求

お気軽にご相談・お問い合わせください。
製品の資料請求は「資料請求」ボタンから簡単にできますので、ぜひご利用ください。

▲ご相談はこちら▲
▲製品資料のダウンロード▲
▲詳しい価格を知りたい方▲

FAX
FAX:043-301-3298