【従来のLEDソーラー街路灯と違い、特許技術により横への光の広がりを実現!】

こんにちは!

近年、万が一の災害に備えて、蓄電池(ちくでんち)やLEDソーラー照明といったものが

以前よりも注目され、身近な問題として防災意識が高まっています。

やはり、いざという時(停電震災等)に使用できるものの価値というのは、

非常に高いということです。

 

 

そこで、LEDソーラー街路灯蓄電地搭載)を弊社ではおすすめします。

もちろんこれまでにもLEDソーラー街路灯はありました。

しかし従来の屋外LEDソーラー街路灯というのは、どうしても真下だけ明るく、

横への広がる幅が少なく周りは薄暗いものでした。

 

気がついたらそばにある「安心」を

 

いざという時に蓄電した電気を使用して、従来のライフライン電線)から

独立した照明としての役割を果たしてくれるのは非常に魅力的です。

しかし、電気(明かり)がついても、それが真下だけ明るすぎて、周りは薄暗く十分な光量

でないのであれば、満足はできないでしょう。

中にはいざという時に点灯しないものも少なくありません。

 

 

さらに、街灯は1本あれば良いというものではありません。

導入するからには複数のソーラー街路灯が必要になります。

しかし、LEDソーラー街路灯は非常に高額なものであり、複数導入と

なると多額のコストがかかっていました。

ソーラー街路灯はその機能から非常に魅力的であり導入したいという意思は

あっても、なかなか導入できないものでした。

 

 

そこで生まれたのが『笑明(しょうめい)くん』です。

長い間積み重ねてきた蓄電システム構築技術を活かすことで、ソーラー街路灯とは

思えないほどの光害(こうがい)対策に配慮して、なおかつ特許技術により、

従来のLEDソーラー街路灯とは違い、真下だけでなく横への光の広がりを実現しました!

 

 

従来の製品よりも一基で広範囲に明かりを照らせる事で、設置台数の大幅な削減を

実現して、導入コストを最小限におさえます。

いざという時に消えることはありませんし、なによりその場所や用途に合わせた組み合わせが、

自由に選択していただけます。

 

 

LEDソーラー街路灯の『笑明(しょうめい)くん』設置をお考えの方は

問合せ・資料請求』や『見積提案依頼』など、ぜひお氣軽にお問い合わせください。

連絡先 043-301-3297