水槽の魚やペットの命を冬場の停電は脅かします!非常用電源あります!

こんにちは!

停電になってしまうというのは、それぞれの家庭においてはもちろん、

多くの人が困りますし、混乱する原因となってしまいます。

その中でも、やはり電力を多く消費している業種の方は、停電になった瞬間に

大きな問題が発生するのは避けられません。

例えば、ペットショップです。

ペットショップでも、犬や猫であればすぐに命に関わるようなトラブルというのは

少ないでしょう。

毛布などで体を温めてあげることで、なんとか数時間は耐えられます。

しかし、熱帯魚はどうでしょうか。

熱帯魚というのは、ただ水の中を泳いでいるわけではありません。

熱帯魚というのはとてもデリケートな生き物で、水温を維持しなければなりませんし、

水質はもちろん酸素濃度まで非常に細かく調節しなければなりません。

そのような理由からも、ペットショップにおいて停電になってしまうというのは、

多くの熱帯魚が命を落としてしまう原因になります。

冬場などはすぐに水温が下がってしまいますので、専用のヒーターで水温を維持

しなければなりませんし、停電になればそのヒーターは使えません。

 

だからといってお湯を入れたとしても水温は急上昇してしまい、それがストレスと

なり熱帯魚は命を落としてしまいます。

だからこそ、万が一停電になってしまった時には、すぐにでも電力を供給できるように、

蓄電池を準備しておく必要があるんです。

 

停電になっていつまでも電気が復旧しないということはないので、復旧するまでの

間だけでも耐えられるだけの蓄電池が必要だといえます。