停電でもコロナワクチン保管用ディープフリーザーを稼働させる蓄電池です!

新型コロナワクチン保管するディープフリーザー用の

バックアップ電源として有効的な物が存在しないため、

この度弊社では、E.P.S mobile ALIVE特別仕様型として

ディープフリーザー対応E.P.S mobile ALIVE-3000】を

製造・販売を先月から開始しております。

E.P.S mobile ALIVE-3

 

 

 

 

 

 

 

当該製品は、現行のALIVEと比べ、(上記画像参照)

出力電力とサージが上昇しております。

これにより、現在の日本国内で出回っている

新型コロナワクチン用ディープフリーザー

当該製品による運転を可能と致しました。

 

 

他社製品の多くは残念ながら危険性の高い三元系リチウムイオン電池

搭載している場合が多く、リン酸鉄リチウムイオン電池搭載している蓄電池

あっても海外製品には、1500W出力の(三元系では3000W出力のものもあり)

インバーターが搭載されているものがほとんどです。

現在出回っている下記の主要4社製ディープフリーザーは

1500W出力の蓄電池では対応できません。

 

 

一方で、弊社製品はご周知のとおり、

安全なリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しております。

コンプレッサー作動時の始動電流に対応する蓄電池が存在しない今、

国内生産品として安全性が高く、蓄電容量が5kwh以上あり、

サージ6,000Wに対応し得る蓄電池が、

先月、販売開始いたしました【E.P.S mobile ALIVE-3000】です。

上記画像はコロナワクチン用冷蔵庫バックアップ電源として

早速、設置されました医療法人様より、設置個所のお写真です。

停電時でも冷蔵機能を保ち1か月保てるワクチンを無駄にしないという

目的のもと、弊社製品をご採用くださいました。

E.P.S mobile ALIVE-3000】のイメージ動画につきまして、

下記YouTube動画をご参照くださいませ。

日本国内使用されている主なディープフリーザー用のバックアップ電源(蓄電池)の

E.P.S mobile ALIVE-3000】に関するご相談は下記必要項目をクリックしていただくと

直接、各問合せ・依頼フォームページにオススミいただけます。

お問合せ・無料資料請求】 【無料・見積提案依頼

 

ディープフリーザーの代表例につきまして、

『代表的なディープフリーザーのメーカーと型番』を

ご参照くださいませ。

メーカー:日本フリーザー株式会社 様

冷凍庫型番:VT-208-HC

https://www.nihon-freezer.co.jp/products/tank3.html

 

株式会社EBAC 様

冷凍庫型番:DW-86L728NF

https://www.ebac.co.jp/products/dw-86l728nf/

 

株式会社カノウ冷機 様

冷凍庫型番:LAB8s

http://www.kanoureiki.com/product02/%e3%83%8e%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%b3lab%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%80%80-80%e2%84%83%e3%80%90lab8s%e3%80%91/

 

PHC株式会社 様

冷凍庫型番:mdf-c8v1

https://www.phchd.com/jp/biomedical/preservation/ultra-low-freezers/mdf-c8v1