PSE認証マーク=安全な製品とは違います!安全な蓄電池を選ぶ重要な事!

こんにちは!そして、こんばんは
蓄電池を選ぶ時には、いくつか重視しておくべきポイントがあります。
近年は災害時用の非常用電源が普及することは、社会的に喜ばしい事ですが残念なことに、
この様なレジャー用のポータブル電源はかなり危険なリチウムイオンバッテリーが
使用されているケースが多いです。

リチウムイオン電池にも種類があり、安全性に大きな差が生じます!

現在、一番使用されている蓄電池はリチウムイオン電池です。
災害時用の非常用電源が普及することは、社会的に喜ばしい事ですが残念なことに、
この様なレジャー用のポータブル電源はかなり危険なリチウムイオンバッテリーが
使用されております。

日本には電気用品安全法(PSE)という法律があります。

特に、三元系、リチウムポリマー系のリチウムイオン電池は危険となりますので、お手持ちの
取扱説明書をしっかりと熟読しリチウムイオン電池の種類を確認されることをお勧めいたします。
爆発、発火、発煙の可能性がありますのでご注意ください。

簡単に申し上げますと、「エネルギー密度が高いリチウムイオン電池を使用した、
モバイル系の電化製品を日本で販売する場合はPSEを取得してください。」
ということです。
つまり、PSEマークが付いている多くのモバイル系電化製品はエネルギー密度が高く
危険なリチウムイオン電池を使用しているということです。

 

経済産業省がポータブル電源の製品事故について発表しております。

この上記製品には、三元系のリチウムイオン電池が使用されています。
採用、購入される場合は、搭載されているリチウムイオン電池の
種類を必ず各メーカーや販売元にご確認をおすすめします。

世界各国で事故が多発し、現在は採用されていないのが実情です。

三元系のリチウムイオン電池は小型、軽量で高出力なリチウムイオン電池の為、
製品の中には、「車にも採用されています。」などと記載されているものもあります。
実際に10年前くらいまでは電気自動車などに採用されていた時期がありました。

 

弊社取扱い中の日本製のポータブル蓄電池は熱暴走しません!

弊社で取扱い製品の移動式蓄電池のE.P.Smobileシリーズは、PSEに抵触しない
「リン酸鉄系」の安全なリチウムイオン電池を搭載しています。
物が落下してつぶれたとしても、水や海水に浸かりショートしても、
火事が発生し火の中に入ってしまっても、爆発、発火しない安全な製品です。

 

平常時も安全に待機して、非常時にも安全に連続しようできます!

まだまだ他にもチェックしておくべきポイントはありますが、その中でも解くに
重要な容量、リチウムイオン電池の種類・安全性、寿命は忘れずにチェックして
おいてくださいね。

 

お問合せ・資料請求

お気軽にご相談・お問い合わせください。
製品の資料請求は「資料請求」ボタンから簡単にできますので、ぜひご利用ください。

▲ご相談はこちら▲
▲製品資料のダウンロード▲
▲詳しい価格を知りたい方▲

FAX
FAX:043-301-3298