リチウムイオン電池には種類があり、使用時・待機時の安全性に大きく関わります!

今年の台風シーズン到来前に、一昨年被災した時に
取扱い中の蓄電池が実際に役立った話を再掲載します。
こんにちは!そして、こんばんは
弊社所在の千葉市内での大規模停電や豪雨被害が多数出ています。
被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
今回の台風15号では、自分たちも被災しました。

SNSやテレビ・ラジオ・新聞等で状況を知って今後、
非常用蓄電池(ひじょうようちくでんち)の導入をお考えの方も
多いと思います。そのメリットについてはもうご存知ですか?

やはり非常用蓄電池最大のメリットは非常時においてしっかりと
活躍してくれるところです。
(上記画像は今回の停電中に稼働中のEPSmobile蓄電池です)
災害の時や、停電の時にも利用できるんです。
台風、地震、集中豪雨など様々なことが起こる可能性がありますが、
そのような時にも利用できるんですよ。

万が一の時に備えられるというのは非常に大きなメリットだといえるのではないでしょうか。

様々な自然災害を経験し、その時の経験から防災意識が高まってきています。
蓄電池(ちくでんち)は貯めた電氣を使用できるので、安心感があります。
小さな子どもやお年寄りなどのいる家庭では、電気は極めて重要なライフラインとなります。

E.P.Sシリーズは、世界でも特に厳しい、製品安全試験機関の認証機関にも
受かっているほど安全性の高いバッテリー(リン酸鉄リチウムイオン電池)が
使用されています。
そのため、発火してしまったり、爆発するなどといったリスクもありません。

安全性が確保されています。

一般的な蓄電池の場合にはタブレット、ノートパソコン、スマートフォンといったもの過充電等に
より異常加熱されたり、場合によって発火してしまうことがあります。
しかし、このシリーズで使用されている蓄電池(リン酸鉄系リチウムイオン電池)
は安全性が確保されています。

もちろん万が一の時には家庭・職場・避難先等のあらゆる電子機器類に
おいて電力を使用できます。
電気が使用できるという圧倒的な安心感は、災害時などに精神的な支えになりますよ。

いつもは静かに側にあり、有事の時には一緒に持ち出して、その先で
可搬式蓄電池(E.P.Smobile)本体に付属のソーラーパネル等から充電しながら、
必要な電気製品に同時に電力を供給できる国内では移動式蓄電池としては、
唯一の非常用電源装置(ひじょうようでんげんそうち)です。

 

お問合せ・資料請求

お気軽にご相談・お問い合わせください。
製品の資料請求は「資料請求」ボタンから簡単にできますので、ぜひご利用ください。

▲ご相談はこちら▲
▲製品資料のダウンロード▲
▲詳しい価格を知りたい方▲

FAX
FAX:043-301-3298