強烈な暑さの中での停電は室内の熱中症対策を人もペットにも備えましょう!

こんにちは!

自宅で犬を飼っている人にとって、エアコンは欠かせません。

老犬で常に体温、室温の管理が必須などとなれば、エアコンが停電などに

よって使えなくなれば命に関わります。

犬にとって日本の暑さというのはとても危険なレベルです。

犬は気温が23℃以上、そして湿度が60%以上になった時、熱中症になるリスクが

高くなるといわれています。

 

犬は人間のように発汗して体温を調節することができません。

そのため、驚くほどすぐに熱中症になってしまいます。

室内犬は時に停電時には閉め切った室内にいますので、熱中症になりやすくなります。

 

エアコンが停電などによって使えなくなれば、室温はどんどん上昇してしまいます。

普段の熱中症対策エアコンを使うというのは基本です。

27度、28度に設定しておけば、室温も湿度もある程度快適な状態を意地してくれます。

しかし、停電時にはそのような室温管理もできなくなります。

停電時には、外出している場合にはすぐにエアコンをつけ直すということができません。

そのため、少しでも犬の体温上昇を抑えるために、冷却マットなどを準備して

おくようにしてください。

どんどん室温が高くなれば、犬も自然と涼しい場所を探そうとしますので、

冷却マットなどを準備しておくと、自分から使ってくれるでしょう。

もちろん、冷却マットはずっと冷たいままの状態を維持できるようなものではありません。

しかし、なにも準備していないよりは万が一の時に愛犬熱中症リスクを軽減

できるはずです。