非常時の備えを、ぱっと終える。備えれば、ずっと安心と共に残る。

こんにちは!

今年は台風がほぼ発生せず、台風による災害もほぼ起きていませんでした。

しかし去年(2019年)のように立て続けに台風や暴風雨が発生して

甚大な被害が出た年もありました。

台風震災暴風雨等による被害を少なくするには日頃からの備えが肝心です。

2019年には大型の台風が千葉県を襲っており、その際には停電によってエアコン

使用できなくなってしまった介護施設がありました。

エアコン空調)を使用することができなくなれば体調不良を訴える高齢者

非常に多くなります。

高齢者だけではなく妊娠している方や少しの体調不良が命に関わる人達にとって

停電によるエアコン使用できない状況はとても危険なのです。

停電になって暖房機器類が使用できなくなった介護施設部屋)の中には日中の

気温が10度にも届かず夜になれば氷点下になるところもあり、さらに湿度も

低ければあっという間に体調不良になってしまいます。

大きな病院や施設であれば非常用電源装置をほぼ準備しているのですが、

介護施設などではまだまだ導入されていない場合があり低体温昇や体調不良に

よって体調を崩しその結果命を落としてしまうリスクが高まります。

だからこそ万が一の時に備えて電気毛布電気ポット温風器などエアコン(空調)

使用が可能になり、停電が復旧するまで安心して、体温を保てる環境を支える

だけの非常用電力を確保しておきたいものです。

各自治体で実施している防災に関する各種助成・補助金を活用して、繰返し

連続して、安心・安全に使用し続けられる日本製の弊社の大容量蓄電池

導入し万が一の時に備えらる施設・企業様も増えております。