【停電中も蓄電しながら電氣供給し続ける移動型蓄電池のEPSmobile!】

こんにちは!

蓄電池の必要性はやはり停電時に特に強まります。

大雨台風の時には、どうしても停電が起こりやすいです。

真っ暗闇の避難所

記録的な豪雨、非常に強い勢力の台風などが増えている日本列島では、

長時間停電からなかなか復旧できないというニュースなども目にします。

大雨や台風による強風がとても大きく関係しています。

 

風速50メートル以上などという強風が吹き荒れると、古い家屋、倉庫のトタン屋根

などは吹き飛ばされてしまいます。

場合によっては樹木もなぎ倒されてしまいますので、それらが電線にひっかかる

と簡単に断線してしまいます。

 

 

樹木を撤去していからの電線復旧になるので時間を要します。

その間に、避難場所の公民館や学校体育館などや集合住宅マンション)の

集会室にエンジン式の発電機とは違い、排気ガスも排出せずに

稼働中も無音で繰返し利用できる非常用電源装置があれば安心です!

 

 

移動型蓄電池EPSmobile ならば、日中に蓄電池自体に付属の

折り畳み式ソーラーパネルを本体に接続して太陽光エネルギー

蓄電しながら、同時に充電が必要な電子機器類に連続して充電できます!

移動型蓄電池タイプ蓄電と電氣供給を同時に行える他機種は無いのでご注意ください。

災害時には72時間3日間)が人命に係わる一つのラインとさせています。

弊社の非常用電源装置【EPSシリーズ】 は、連続して繰り返し使用できるので、

長期間でも利用できます。(蓄電量と供給電気量のバランスが維持できている場合)

リン酸鉄リチウムイオン電池 を使用しているので安定して蓄電できて、

発熱・発煙・発火・爆発の危険がない二次電池なので繰返し連続使用ができます。

もしもの時に、安全に安心して繰り返し使用できる移動型蓄電池の

EPSmobile蓄電池に関する【お問合せ・資料請求】 や 【お見積依頼】

など、お氣軽にご依頼ください。

現在、千葉県で発生しました台風による大規模停電の影響でお見積依頼が

多くなっております。

在庫状況も限りがございますので、お早目のご連絡をおススメします。

連絡先 043-301-3297